メニュー information blog profileリンク

Footmedia フットメディア
サッカーページに行こう

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

出席

Facebookの勉強会に出席した。この歳でチョッと難しいが一応登録しました。

古い友人、知人から連絡があるかも・・・・?楽しみ!

|

引退

J1福岡の田中誠が引退、26日発表された。24日に引退しますと事前にTELがあった。

磐田では一緒に仕事が出来彼には何度も助けられた。

アトランタOP、日本代表と活躍し常勝ジュビロのメンバーとして黄金時代を築いた。

DFとしての読みは抜群でポジション取りも素晴らしく最近このような選手はいない。

人当たりも良く誰からも好かれる性格でこれからは指導者そして解説もやりたいと・・・。

”マコお疲れさん”!第二の人生頑張れ!応援します。

|

磐田ーC大阪

セレッソの完勝。出場停止明けと負傷者が戻ったセレッソはパスとドリブルで攻撃に

リズムを作り37分先制。後半も3,17,90分とゴールし守備も集中を切らさず完封。

一方磐田はサイドに起点を作るがクロスを入れるしか攻撃の手が無く単調に終わる。

前節の鹿島戦と同じ攻めで修正されていなかった。

中央突破もあってサイド攻撃が生きてくる。次節の浦和戦に期待したい。

|

大宮ー名古屋

3分FKから先制した名古屋はリズム良いパスから何回かチャンスはあったが

追加点は取れなかった。後半ホームの大宮は動きが止まった名古屋から19、21分と

ゴール、逆転に成功し残留に向け盛り上がったが名古屋の高さに神経を使い過ぎて

ヘディングの競り方が悪く32分同点にされ39分PKを与え逃げ切られた。

残り4試合、16位と勝ち点5差。まだまだ厳しい状況は続く。

|

磐田ー鹿島

Jリーグを引っ張って来た両チームの対戦はいつも激しく今日も見応えはあった。

90分を通して磐田の攻撃が目立ったが鹿島は集中力を切らさず逃げ切った。

前半は磐田が攻守に亘ってゲームを支配し鹿島の中盤は機能しなかった。

後半8分リズムが出た鹿島は得意のFKから先制、しかし22分GKとDFの連携ミスで

追い付かれたが23分OWNGOALでリードしてからは磐田の攻撃を跳ね返し

勝負強さが復活。磐田はクロスを多用したが工夫が足りなかった。

課題として残った。

|

日本代表

タジキスタン相手に圧勝。技術、あらゆるスピード、判断力全てに於いて差があり過ぎた。

まして相手はゴール前に戻って人数は多くいるがマークは甘く、ファイトしないし

何処もフリー状態。トレーニングゲームでもこれだけ自由にやれる事は無い。

日本代表として対象価値にならない位の相手だった。

|

日本代表

ベトナム相手に攻守共圧倒しワンサイドゲームだったがシュートは11本と少なく

1点取るのがやっとだった。4日後のW-CUP予選を控え選手のやる気は十分感じたが

気持とプレーが合わなかった。DF,MFまではテンポ良くボールは回ったがゴールへ

近くなるとドリブルでの仕掛けが目立ち判断の遅れもあり突破出来なかった。

相手を焦らし、相手の動きを止める遊びのパス、プレーが無く忙しなく、速く、急ぐ

単純なサッカーで終わった。トップギアでプレーすれば相手は集中力を高める。

ロー、セカンドで相手の頭と身体を休ませる事も必要である。

ベトナムは1:1にも強く、良く走るし観ていて気持ち良く感じた。

|

カップ戦

代表不在の中ベスト4進出を目指してのG大阪ー磐田戦は磐田が7分先制その後も

押し気味に進めたがシュートまではなかなか行けなかった。

ガンバも細かいパスでゴールを狙ったが守備を崩すまでの攻撃ではなかったが

43分一瞬のスキを突きミドルシュートで追い付いた。

後半はガンバのパス回しが目立ち磐田も集中ししっかり守った。

67分磐田の甘いマークを突きガンバがスルーパスから2点目。

76分CKからOWNGOALを誘い勝負を決めた。

磐田はシュート4本、後半はゴールの感じは無し。連覇ならず。

|

2歳

2011100418160000 孫娘の誕生日。最近は良く喋るし会話も十分出来るし

一緒に居て飽きない。今話題になっているカービーダンスも上手に踊る。

子供の成長は早い。

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »