メニュー information blog profileリンク

Footmedia フットメディア
サッカーページに行こう

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

鹿島ー浦和

本来なら注目され期待されるカードだが内容は一方的だった。球際の激しさは良かったが

パスのミスも目立ち又判定に対しての異議が多く観ていて感じが悪かった。前半ホームの

鹿島は決定的なシーンが2~3回あったが決められず。浦和は個人技での打開が多い為

周りの動きが止まり点が入る感じはしなかった。後半は鹿島が一方的に押し込み得点の

期待も十分だったが決め切れなかった。浦和は守ってカウンターで勝ち点1がやっと

取れた。内容も悪く降格チームとの勝ち点差が2となり尻に火が付いて来た。

|

ライブハウス

201109242137001 知人の誘いで50~60年代のヒット曲を聴きに出掛けた。

レストラン&バーで美味しい食事とお酒で19:30~23:00まで楽しい時間を過ごせた。

グループ”グレイハウンズ”がプレスリー、ビートルズ、ベンチャーズ他懐かしい曲を

次々と披露。忘れかけていた青春時代を思い出した。

|

ゴーヤ

201109070733000 今年は日除けと節電対策でベランダに植えた。スタートが遅れた

のでどれだけ効果が出るか心配だったが成果は十分だった。少なかったが写真の

大きさのゴーヤが4本、美味しくいただいた。来年はもっと早くから取り掛かろう。

| | コメント (0)

仙台ー新潟

両チームパスを繋いでゴール前へ攻め込むがクロスの精度を欠き又中と合わず

決定機は作れなかった。後半12分仙台はゴール前完璧に崩し先制。その後一進一退が

続いたが仙台は29分追加点。カウンターから速いクロスをP/Bに入れ新潟DFのハンドを

誘いPK。攻守共運動量は落ちず快勝。

この試合新潟は攻撃に決定機を作り出す選手が見当たらなかった。

| | コメント (0)

大物?

元スウェーデン代表、アーセナルで活躍したユングベルが清水に入団。

経験、実績共申し分なくJリーグでは久々の大物入団である。ダービーでは65分から

出場し2度程片鱗を見せたがまだまだ身体のキレは今イチ。これから日本の生活環境

サッカーに慣れ活躍できるのか?それとも大金を捨てるのか?注目したい。

|

ダービー

磐田ー清水は前半お互いつぶし合いでチャンスはなかったが終了間際磐田がFKを

直接入れた。後半余裕を持って臨めた磐田は16分に6試合振り復帰の前田が確実に

決め勝利。ただ1分後の17分失点したのは課題として残ったがその後守備のバランスを

崩さずあぶなげなく勝利。一方清水は攻撃のカタチは創れず運動量も少なく守備も

ポジッションが適当で良い所なく点差以上の完敗。

|

なでしこ

北朝鮮戦は日本に対しボールへの寄せを早くし激しいマークで日本のパス回しを

封じ込んだ。プレッシャーが掛かるとミスが多く課題が見えた。

運動量もあげないといけないし緩急を付けた動きの中でボールを引き出し動かしたい。

韓国戦もそうだったが世界一になったとは言え技術の差はない。

今は日本に対しての戦い方も見えてきた。

ロンドンOPまで課題は多い。今女子サッカーは注目されている。サッカーをやる女の子が

増えている。その子達の為にもレベルアップし頑張って欲しい。

|

日本代表

ウズベキスタン戦、前半TOP下に長谷部が入った。トレーニングで一度もやった事がない

ポジションで機能しなかった。長谷部は攻撃センスもあるが国際試合、ましてやW-CUP予選

そんなに甘くない。監督は選手に不安を与えて試合に出してはならない。

如何に気持ち良くプレーさせてあげられるか・・・・・。

|

懐かしい

第8回旧JSL丸の内の4チーム(古河、三菱、日立、NKK)のOBが集まり巣鴨で

フレンドリーマッチ。台風の影響で心配したが時々小雨が降った程度で良かった。

50歳~70歳の懐かしい昔のメンバーがハーハーしながら走った。

さすが身体は自由にならないが技術はしっかりしており往年のプレーを見せた。

大きな怪我も無く無事終了、終わってからの懇親会は昔話で盛り上がった。

来年はしっかり準備して参加しよう。

|

日本代表

北朝鮮に辛勝。ボール支配では圧倒したが相手GKの踏ん張りと必死に闘う姿勢、身体を

張ったプレーで中々ゴールは奪えなかった。日本は速いパス回しでクロス、中央からの攻撃

でゴールを狙ったが90分で決着付かなかった。日本の攻め方は悪くは無かったが

遠目からのシュートも積極に行きたい。93分のゴールでなんとか勝利したが北朝鮮は

一人退場し10人で良く守ったが交代選手も背の高い人を残して耐えていれば・・・・。

W-CUP3次予選の対戦相手は格下、メンタル面の強さを持って望まないと苦戦するだろう。

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »