メニュー information blog profileリンク

Footmedia フットメディア
サッカーページに行こう

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

名古屋ー福岡

ACL敗退しリーグに集中したい名古屋と初勝利を目指す福岡のゲームは

開始から細かいパスでゲームを支配した名古屋は23分ラッキーなゴールで

先制したが3分後PKを与え波に乗れない。福岡は前節の反省から守備の意識

高くボールへの寄せもありカウンターで名古屋ゴールを脅かせた。

後半名古屋は6分又もGKのファンブルからゴールしリードしたが余裕は見られず。

逆に21分マークを失い失点。その後36,41,47分なんとか得点し逃げ切ったが

まだ本調子には程遠い内容である。そんな感じがした。

福岡は90分持つスタミナ、集中力が無く勝ち点を挙げるのはかなり厳しい。

|

静岡ダービー

清水ー磐田戦、前半の両チームは互角、良く言えば集中してプレーしていたが

ゴール前はアイディア不足と雑、単純の攻めでチャンスはなかった。

後半は清水が長い時間ゲームを支配したがゴールは遠かった。両チームでシュートは

9本、内容は低調だった。

磐田は中盤が機能しなくシュート2本では勝利は厳しい。

引き分けは妥当。

|

大宮ー清水

上向きの大宮とここまで課題が多い清水の試合は内容的には互角の

戦いだったが大宮は自信が過信になっているプレーが見られ一人一人は

頑張っているがチームプレーとしては機能しなかった。

清水は攻守に亘りひたむきにハードワークし4-1で快勝。

2ゴールの高原は久し振りに起点となり存在感十分だった。

清水はこのようなゲームが出来れば上昇間違いない。

大宮は基本に戻りやり直しか・・・?

| | コメント (0)

磐田ー福岡

ホームの磐田は開始から動きの量、走りの長さetc積極的な仕掛けで

福岡を圧倒し3点奪う。後半も早々に4点目を挙げ勝負を決めた。

福岡は前半全く良いプレーは無かったが後半は同じチームとは思えない

動きを見せDFの裏への走りも多く互角以上に闘えたが1点返すのがやっと。

泥沼の7連敗、どう立て直すのか?次節に期待。

|

デザイン・フェスタ

2011051512140000 東京ビッグサイトに出掛けた。娘達がキッズコーナーに手作りの

Tシャツ他を出展。天気も良く凄い人手にびっくり。何枚か売れ注文も有り

初めての試みとしては良かった。

|

磐田ー山形

磐田が4-0で完勝。ホームの磐田は2,13,45分と良い時間帯にゴールを決め

前半で勝負を決めた。エース前田が今季初ゴールで2点を挙げ

チームに勢いが出た。山形は持ち前の固い守備に激しさが無く運動量も少なく

攻撃もセットプレーでチャンスがあった位で完敗。

又基本に戻ってやり直しである。

|

磐田ー山形

磐田が4-0で完勝。ホームの磐田は2,13,45分と良い時間帯にゴールを決め

前半で勝負を決めた。エース前田が今季初ゴールで2点を挙げ

チームに勢いが出た。山形は持ち前の固い守備に激しさが無く運動量も少なく

攻撃もセットプレーでチャンスがあった位で完敗。

又基本に戻ってやり直しである。

|

ケーキ

2011050513460000_2 小生6?才の誕生日と知人7ヶ月男子の初節句をやった。

ケーキは今浦和で一番人気。最高に美味しかった。孫からのプレゼントは最近料理を

作り始めたのでエプロンと本。内容は”いちばんやさしい料理のきほん”頑張ってやろう。

|

川崎ー磐田

川崎は動き悪く磐田が前線からのプレスが効き攻撃のリズムも良かったが

前半30分DFが2枚目のイエローで退場になってから川崎が攻め続けた。

川崎は攻撃が単調でゴール前を固めた磐田の守備を崩せなかったが

引き分けかと思われた43分やっとサイド攻撃が実り決勝点。

磐田の退場は後ろから相手を引っ張りイエローは当然であり罰金ものである。

選手は自分のおかれた状況を考えなければならない。

|

J

| | コメント (0)

J

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »