メニュー information blog profileリンク

Footmedia フットメディア
サッカーページに行こう

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年

①4月に19年間住み慣れた浜松からさいたま市に引越した。さいたま市は浜松に移る前

の旧与野市に16年住んでいたのですんなり生活に入れた。

②9月は孫達と常夏の楽園パラオに旅行。1週間のんびり楽しんだ。

③Jリーグの解説を1年間出来た。来年も現役でスタジアムで解説し又カテゴリーは別と

して現場での指導も行いまだまだ頑張る。

④4月から週2日孫と遊び元気をもらっている。疲れるが一日一日の成長にびっくりし

楽しく過ごせた。今は歩くのも速くなり会話も少しは理解出来るし来年の成長が楽しみ。

2011年はもう少しブログの回数を多くします。そしてサッカーに関しては”監督視点”の

コメントで原点に戻ります。楽しみにしていて下さい。

2011年はどんな1年になるだろうか・・・・・?

|

サッカークリニック

23日は昨年に続き埼玉県白岡で12チーム約200人の子供達と

ボールを蹴る。午前中は風が少し強かったがクリニック開始の時は風も止み

暖かで子供達は元気なプレーを見せてくれた。

楽しそうにボールを追う子供達に元気を貰い久し振りに身体を動かし

心地よい疲れを感じた。

参加者の皆様本当に有難うございました。

|

何十年ぶり

孫達と上野動物園へ。1歳2ヶ月になり絵本が好きで動物もかなり分かるようになったので

出掛けて行ったが大喜び。朝の冷え込みは厳しかったが日中は風も無く暖かく良かった。

次はパンダが来る春かな・・・・?

|

J表彰式

男性はタキシード、女性はドレスと華やかなこの式典は優勝してチーム全員で出席しないと

つまらない。今年の最優秀選手は名古屋の楢崎がGKとして初めての受賞。

今年の活躍を見れば妥当である。

ベスト11はチームを上位に導いた又は下位でも強烈な印象を与えた選手に贈られるもの

であると思うが・・・”あれ?”と思う選考が今年もあった。

代表だから選ばれる選手が毎年いるのは如何のものか・・・?

最終決定は実行委員会(クラブの社長)で決まるがサッカーの素人だからしょうが

ないか?しかし名誉な賞であり1年間の総決算でもあり選手は欲しい。

しっかりした選考人を決め真のベスト11を選んで欲しいものだ。

|

2010年Jリーグ・・③

山形は守備を固め手堅く勝ち点を取り残留、良く戦った。仙台も何とか残ったが

来シーズンはもっと厳しくなる。神戸の終盤7試合の頑張りは素晴らしかったが

もっと早く危機感を持てばこんなに苦労しなかった筈だ。

降格の3チーム、湘南は一番大事で基本である闘う試合がなかった。

身体を張ってボールに食らい付くプレー、必死さが出なかったのは残念。

京都はチーム戦術がはっきり見えなかった。東京の降格は予想外、個々の選手の

力は十分あったが・・まさか降格するはずが無い・・・安心感があったかも?

プロとして自分の生活もあるしサポーターの熱い声援も考え毎日毎日を充実して

100%出し切ってサッカーに取り組んで欲しい。

|

2010年Jリーグ・・②

浦和はフィンケ監督2年目で期待したが怪我人が多く固定したメンバーで闘えなかった。

筋肉系の負傷だったらフィジカルコンディションの見直しが必要である。

磐田はCUP戦の優勝は立派だったがリーグ戦は安定した戦いが続かなかった。

CUP戦優勝の翌年は要注意との話を聞く。千葉、大分、東京はJ2へ降格。そんな事は

無いと思う。広島はパスサッカーで上手さはあったが力強さ不足。横浜はCBの2人が

いないとチームは崩壊状態。中心選手5人を出した来シーズンは・・・?

新潟はマルシオ様様。大宮はFWの2人頼みだった。

|

| | コメント (0)

2010年Jリーグ・・①

名古屋の初優勝で終わった。2位に勝ち点10差の圧勝。補強した選手の活躍と引き分けが

3試合と少なく競り勝ち勝負強さが光った。来シーズンは監督が現役の時のように魅せる

サッカーでV2を狙って欲しい。G大阪は遠藤を中心に+個性ある若手が育っており

出足でつまずいたが良く2位に来た。C大阪はJ1昇格1年目で3位は見事。ブラジル3選手

の活躍と意気の良い若手&CBの2人がキッチリ仕事をした。鹿島は新旧の交代が

スムーズにいかなかった。川崎は攻不調が激しかった。清水は一時首位に立ち期待された

が相変わらずのここ一番の勝負弱さは今年も健在だった。

|

| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »