メニュー information blog profileリンク

Footmedia フットメディア
サッカーページに行こう

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

J・名古屋

名古屋は先週水曜日サウジアラビアでACL準決勝2-6で大敗し決勝進出は厳しくなったが

28日のホーム試合はJリーグを代表して意地を見せて欲しい。

中3日の磐田戦は0-3から粘りを見せ良く追い付いた。磐田はまさかの引き分け

3点差はかなりのセーフティーリードだが戦い方を含め守備の見直しが必要である。

前田はハットトリックで得点王が見えてきた。3点入れ勝てなかったのは悔しい。

私も現役の時ハットトリックして負けた時の事を思い出した。

|

J・浦和

浦和はホームで大宮に0-3で完敗。危機管理の無さでDFの背後をタテパス一本で

突かれ失点。その後一人退場者を出し反撃もしたが大宮の堅守にノーゴール。

これでリーグ戦の上位進出も難しくなり天皇杯も敗退しており今シーズンは終わり?

しかし多くのサポーターの為にも残り5試合闘って欲しいものだ。

|

Jリーグ②

京都ー大分は引き分け。大分は一人退場者を出した京都を攻めきれず1-1で

J2降格が決まった。昨シーズンはCUp戦優勝、リーグ4位と大健闘し今年は期待されたが

5試合を残しJ2へ。主力の放出を押さえ来年しっかり選手を揃え一年で戻って来ないと

J2生活にどっぷり浸かる可能性大きい。

|

Jリーグ①

鹿島ー千葉戦、ホームの鹿島は前半早々に2点奪い余裕を持って戦えた。

後半無理しないプレーが逆に判断を遅くしてミスが出てリズムを失った。

しかし追加点を奪い17位の千葉より確実に勝ち点3をゲットし勝負強い鹿島が

復活か?!

千葉はイージーなミスが多く決定機はキックオフ直後の1本のみ。

戦い方が見えなく残留は厳しい状況である。

|

寒い

昨夜のJリーグ中継は寒かった。放送席は風通しの良過ぎる?場所にあり足元から

冷えてきた。雨も上がり油断していた。昼夜の気温差大きく夜のお出掛けはコート、マフラー

が必要であり反省。庭の花ミズキの葉も全て枯れ落ち秋から冬を感じる。

|

混戦

磐田ー鹿島戦、ホームの磐田が前半から圧倒し後半も多くのチャンスを作り

20本のシュートが得点にならなかった。今シーズン90分を通して一番の出来だった。

勝たなければいけない試合であり痛い引き分けである。

鹿島は小笠原を前線に上げた為中盤でゲームが落ち着かず65分全く鹿島らしい

かたちが出来なかった。後半20分メンバー交代で小笠原が本来のボランチでプレーして

リズムが出た。失点”0”に抑えた事は価値あり。連敗を止めたしポジティブに考え

勝ち点1で良しとしなければ・・・。まだまだ混戦は続く。

|

天然温泉

200910121118000 ブログを少しご無沙汰してすみません。日本代表戦は相手が

チョッと弱すぎて余りコメントすることもなくて・・・。

良く行く天然温泉の煙突です。これから寒くなると最高です。

ここは露天風呂もあり雨の中の入るのも気持ち良いです。

後はサウナですね。長いときは60分位平気です。最初は12分入り水風呂、その後は

6~8分を繰り返し。これから行く回数が増えそうです。

|

首位陥落

第28節鹿島ー新潟はホーム鹿島がキックオフから攻守においてゲームをコントロールした

が新潟の固い守りに決定機は作れず逆に29分カウンターから失点。

後半も流れは鹿島でP/BOX迄のパス回しは良く、同点、逆転出来る展開だったが

1点が遠かった。7節以来の首位明け渡し。

後6試合だが2週間の中断でまだ十分建て直しが可能な内容である。

|

勝てない千葉

浦和ー千葉戦、アウェーの千葉が7分長短のテンポ良いワンタッチパスで先制したが

3分後FKを直接決められた。前節の山形戦と同じ直ぐ失点した。

午前中の雨で両チーム滑るシーンが多くミスパスも目立ち低調な内容だった。

後半は浦和が何度もP/BOXに入り込み決定機を作り33分やっと勝ち越し

40分ダメ押しで勝利したが本来の浦和のサッカーではなかった。

千葉はこれで9戦勝利無し。90分間での勝利は厳しい戦いだった。

|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »