メニュー information blog profileリンク

Footmedia フットメディア
サッカーページに行こう

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

フィットネスジム

毎朝のウォーキングも雨で中止の時はジムへ。

筋トレをし1時間の有酸素運動をマシーンで行う。

唯一の楽しみは岩盤浴、30分で再度汗を出し心身共スッキリ。

病みつきになりそうである。梅雨の時期だし今週は4~5日行く予定。

|

J・いろいろ

①柏は3-2の逆転勝利で連敗を5で止め久しぶりの勝利。

リードされ追い付く展開だったが最後まで勝利を目指し集中力を切らさなかった。

しかしまだ守備は不安定、なお一層の修正が必要である。

磐田はイ・グノが退団してから2連敗。試合開始から攻撃のリズムは良かったが

決定機を逃し突き放す事が出来なかった。

守備は集中力を欠いての2失点は大いに反省しないと又繰り返す。

②FC東京は清水を2-1で下す。両チーム中盤ボールを繋いで組み立てるが

大事に行き過ぎて細かいパスが多く手数を掛け過ぎ。一見内容ある試合に見えるが退屈

だった。ゴールを意識したパスが少ない。

後半は一転してカウンター有りの速い攻撃でゴールを目指し見ていて面白かった。

③新潟―名古屋戦はドリブルを入れスピード攻撃の新潟とポゼッションの名古屋と

見応えがあったが29分マギヌンの退場でつまらなくなった。

それまで名古屋はレフリーの判定にイライラして自分をコントロール出来ず残念。

名古屋は10人になっても攻撃の姿勢は出ていたしロスタイムに1点返したのは

次の試合に期待が持てる。

新潟は数的優位で2-0の展開でも余裕は感じられなかったし95分に失点は

頂けない

|

指導

今週は浜松市西部地区の中体連選抜の練習会で指導した。

2年生36人が参加。一人の欠席者もなく皆サッカー大好きである。

この年代はまず正確にプレーする事が大事であり個人戦術も

しっかり身に付けていないといけない。

一人でボールを持ち過ぎ結局失うプレーが多くまだまだ波が大きく

プレーの雑さが目立つ。

9月から後期日程の練習もあり時間が許す限り参加出来ればと・・・・!

|

J再開

1ヶ月振りにJリーグが再開。優勝争いに絡むチーム、そして降格圏内から少しでも

抜け出したいチームそれぞれ激しい戦いが始まる。

①鹿島は1-0で磐田を完封。内容は良くなかったが危ないシーンも無くきっちり結果を

出した。勝負強さはリーグ№1。一方磐田はチャンスもあったが上手くかわされた。

イ・グノの退団でどのようにチーム作りをするのか注目。

次節の柏戦が大事な試合になる。

②柏はFC東京に0-3の完敗。中断期間、守備の修正が課題でありカップ戦で良くなり

期待されたがリーグ戦はやはり違った。又大量失点で5連敗。降格の声が出てくる内容だった。

③失点シーンを良く見るとフリーでシュートを打たれているのが多い。

ゴール前で人数は足りているがボールばかり見てマークする意識が無い。

ゴール前マンツーマンは原則であるがサボリが多い。

そしてまだ大丈夫だと思って走られても平気で並走している。

危機管理の無さが目立つ。これを無くさないと失点は減らない。

20日の磐田、柏、大分、名古屋はまさにこの失点である!

|

クリニックの応募方法

サッカークリニックの応募方法が決まりましたのでご連絡致します。

”株フットメディア”を検索して頂くと詳しく要項が載っています。

多くの方の応募をお待ちしています。

どうぞ宜しくお願いします!

|

ベスト4・・・?

日本代表はオーストラリアに1-2の逆転負け。セットプレーで2失点。

W-CUP予選の直近3試合はボール支配で上回ったが各試合1点がやっとだった。

P/BOX迄はパスを繋いで華麗に回してくるがゴールへの意識が足りない。

パスを回して満足か・・・?シュートは打たない、ゴールへ向かって人、ボールも動かない。

日本人の特徴である機敏さ、すばしっこさを出して欲しい。

パス回しでは世界のベスト4?に入るかもしれないが勝利を取る、結果を出す事に

関しては32位の最下位かも・・・。

いずれにせよ綺麗事では点は取れない。ゴールを取る為にゴール前はもっと勝ち、負けがはっきりしたプレーを・・・。

ゴール前は冒険、リスクを冒してプレーしないと世界の壁は破れない!

|

サッカークリニック

今迄お世話になってきたサッカー界に少しでも恩返し出来、お役に立てればと

サッカークリニックを行いたいと思っています。

小学生~社会人、女子全てのカテゴリーを考えています。

ご興味のある指導者の方は遠慮なくお問い合わせ下さい。

詳しくは近日中に連絡致します。

|

日本代表とJカップ戦

①チリ戦は決定機を確実に決め快勝。

ベルギー戦は力の差はあったが点の取り方が良かった。

今迄代表のゴールはセットプレーが多かったが流れの中で取れた。

W-CUP最終予選3試合に向け心身共良いコンディションでそして良いイメージを持って

戦えるだろう!

②Jリーグは中断期間でカップ戦の予選リーグが行われているが

代表不在とTV中継も1局のみで盛り上がりに欠けている。

柏はリーグ戦含め5連敗、守備がまだ修正されていないようだ。

広島は大宮に7-0で圧勝。リーグ戦では考えられないスコアーだが

カップ戦もしっかり戦わないとリーグ戦に影響してくる。

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »