メニュー information blog profileリンク

Footmedia フットメディア
サッカーページに行こう

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

映画

”天使と悪魔”はストーリーに引き込まれ集中力を切らさず見入った。

久し振りに納得した映画。

まだ観に行っていない人は是非、面白い!

|

磐田―名古屋戦

200905241416000_2 今シーズン最高の15,000人の入場者。

試合はキックオフからアウェーの名古屋がゲームを支配した。

人・ボールが動き内容も良かった。

磐田はカウンターを仕掛け両チーム特徴を出した。

後半名古屋は退場者を出してから失速、磐田は一気に加速し2ゴール。

磐田の守備はGK始め集中力を切らさず名古屋の反撃を1点に抑えた。

今のチーム状況から考えると磐田はカウンターにさらに磨きを・・・。

名古屋はフィニッシュへどのように持っていくかが課題である!

|

神戸―柏戦

200905231850000_2 インフルエンザで人込みは避けたい中6000人の入場者。

有難い。両チーム共調子が上がらずこの試合をきっかけにしたい

気持ちが伝わってくる熱い戦いだった。

ホームで強さを発揮する神戸は7分に先制すると後半も

決定機を確実に決め3-1で勝利。

柏は直近の3試合で9失点、今日の3失点を合わせ12失点で4連敗、重症である。

1か月のリーグ中断期間で真剣に修正しないと勝ち点は取れないし

まして勝利はほど遠い。降格圏内の脱出は夢のまた夢になる!

|

今週のJリーグ

①名古屋ー大宮戦は前半4分に失点した名古屋は大宮の速いタテの攻撃に

守備の対応が遅れ、攻撃もイージーなミスが多く圧倒された。

後半に入っても流れは変わらず良いところは無かったが75分過ぎから

やっとエンジンが掛り80分同点にするのが精一杯だった。

前節の神戸戦と同じで負け試合。

②浦和ーG大阪は実力あるチーム同士の戦いで0-0だったが

お互いゴール前の攻防は厳しく見応えがあった。

中盤でのイージーミスは無く非常にレベルの高い濃い内容のゲームだった。

③柏ー鹿島、前半9,12分と失点した柏はその後落ち着いたが鹿島の試合運びの

巧さにかわされた。

後半は大きな動きにスピードも出て51分のゴールで追い上げ相手の退場もあり

数的優位に立ったが鹿島の集中は切れず守備力が光った。

PS:イングランドプレミアリーグはマンチェスター・Uが三連覇。

   アーセナル戦は0-0だったが両チーム持ち味を出し好ゲームだった。

  

|

映画 

最近”レッドクリフ””GOEMONN”と2本を鑑賞。2本ともCGが多く使われ

娯楽映画で楽しめた。次は”天国と地獄”に行く予定。

6月20日公開の新田次郎原作の”剣岳”を楽しみにしている。

撮影期間2年、撮影日数延べ200日、標高2999mの大自然でロケを敢行。

是非皆様も・・・・。

|

Jリーグ・4試合

①磐田ー大宮戦を解説。5日振りの晴天で選手は暑く感じたかも・・・。

磐田のイ・グノを中心とした積極的な攻撃に大宮はマークは甘く3,40分と失点し

前半0-2。後半はロングパスで反撃したが1点のみで1-3で完敗。

磐田イ・グノは今日も2ゴール、日本人のDFで彼を止められるのは数少ない。

今迄では中澤のみであった。

②千葉が2-1で広島を破りホーム初勝利。リードしてからは広島の攻撃に集中力を

切らさず守り切った。試合内容では負けたが勝負で勝った。

下位のチームはまず結果が大事であるがプロだし次は中身も見せて欲しい。

③大分は泥沼の8連敗。こんな時は何をやっても上手くいかないが何かを変えないと・・。

メンタルでは初心に帰る、好守において基本に帰る。

まだ11試合終わったのみ、一つ勝てば流れは変わる。

監督交代はいつでも出来る。フロントは急がない。もう少し現場を信じよう。

④神戸は名古屋相手に運動量で勝り攻撃のリズムも良く守備もアグレッシブに戦い

2-1で逃げ切ると思ったがロスタイムに追い付かれ痛い引き分け。

内容も良くての勝ち点1は悔しい。

名古屋はパスは回らず良いところが無く負け試合を拾った。

|

久し振り

200905041305000 浜名湖舘山寺近くにある”ふじ花”

美味しい野菜てんぷらと蕎麦。最高!

|

浜松まつり

200905041845000 毎年3日~5日開催。

昼は凧揚げ・糸切り合戦(174町が参加)

夜は激練りや華やかさを競う御殿屋台の引き回し(84町参加)

3日間で約100万人の人出!

|

5月5日

誕生日プレゼント、知人のお嬢さん(4歳)からカードとポロシャツ。

水筒とウェストポーチ200905051446000はウォーキング用に娘夫婦より!

|

連敗

3チームが連敗で苦しんでいる。

内容は良いが最後のシュートが決まらず結果が出なく連敗するケースが多い。

連敗するとチームの雰囲気は暗くなるが悪い事ばかり続かない。

しっかり戦っていれば必ず勝利が来る、まだまだシーズン先は長い。

いろいろと不協和音が聞こえてくるがフロントは現場をしっかりとサポートし

支えなければならない。

フロント、現場の心が一つになっていれば連敗は脱出出来る!

|

連休

200905021544000 2日は千葉―鹿島戦を解説。

選手、スタッフは毎年、連休はない。

逆にこの期間は中2日の試合が組まれハード日程。

千葉には17,000人入りチケットは完売。

千葉はシュート21本(今シーズンは1試合・8本平均)打ったがゴールを期待

されたシュートは2本のみ。もっと状況判断を的確にしないとゴールは遠い。

偶然のゴールしか期待出来ない。

鹿島は2点取れば勝率100%であり後半5分早々と2点目をあげ

余裕を持って試合を進めた。チーム、選手が勝ち方を知っている!

|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »