メニュー information blog profileリンク

Footmedia フットメディア
サッカーページに行こう

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

やったー

今年最後のブログです。

ファンであるコブクロが蕾でレコード大賞を取った。

8月のコンサートを見に行き感激したが、今回また母親の事を歌ったこの曲で大賞を取り、受賞後の涙でさらに感激した。

2008年はコブクロ同様に光輝いていく!

今年もブログを読んで頂きありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。

| | コメント (0)

今年のニュース

① 横浜F・Mの監督に就任:常にもう一度Jリーグの舞台に立ちたいと念っていたのが叶った!

② 浜松大学辞任:3年間監督としてお世話になり2年間は体育の授業とゼミを受け持ち勉強になった。可能性ある選手がいるので2~3年後は全国上位も狙える!

③ コブクロ:8月埼玉アリーナへ念願のコンサートに行った。ファンであり携帯の着歌にしているし生に感激。

④ プレミアリーグ:今年は35試合の解説をした。もちろん夜中の生解説もあり勉強になった。

アーセナルのサッカーは観ていて楽しい。M/U,チェルシー、リバプールは速い動き出し、パススピード、激しい守備等4強から学んだ事は多い!

⑤ ブログ:スタートして2年7ヶ月になった。511件載せた。

2008年も続けて行きます。

マリノス関係が多くなるかな?

アクセス件数はまあまあ・・・来年の目標は1日・500件!

| | コメント (1)

天皇杯ベスト4

ベスト4決定。G大阪は好調時の内容で清水を下した。

鹿島はJFLホンダの運動量に苦しめられたがJ王者の貫禄勝ち。

川崎も調子は上向き。

広島は降格の影響は無く、逆に伸び伸びプレーしておりポゼッションサッカーで結果も出た。

どのチームが優勝するか全く予想ができない4チームである!

| | コメント (0)

本契約

18日横浜みなとみらいのマリノス事務所で本契約を結んだ。

社員、コーチングスタッフにも挨拶をし、3階建てのクラブハウスを見学。

素晴らしい施設で、改めてビッグクラブであることを再確認した。

この環境で仕事が出来る幸せを感じ、やらねば・・・という強い気持ちを持った。

| | コメント (4)

京都J1

入れ替え戦の第2戦は0-0の分けで京都が昇格した。

広島はキックオフから点を取りに全員がゴールの意識が高く積極的に動きシュートまでいったが決定機に決められなかった。

京都は2試合いとも強いメンタリティーを持っていた。

気持ちで広島を上回ったのが昇格の要因である

| | コメント (0)

ホンダ快進撃

JFLアマチュアチームのホンダが天皇杯ベスト8へ。

ヴェルディ、柏、名古屋を破っての堂々たる戦いだった。Jリーグが出来る前はトップリーグにも入ったことも有り強かった。

現在も選手補強は積極的に行っているが会社はプロへは進まずアマチュア日本一を目指している。

現在はスタッフ選手含め全て社員である。

浜大とは車で5分と近くトレーニングゲームを良くやって頂いている。

トレーニング場はJ2の上位チームと同じくらい立派である。

次はJ王者鹿島、どんな戦いをするか楽しみである!

| | コメント (0)

入れ替え戦

京都が先勝、挑戦者の気持ちがプレーに出ていた。ゴールに向かう姿勢もありボールを持っても慌てなかった。

一方広島は負けられない緊張があったのか受けてたった。サポートも遅く運動量も少なかった。

プレスを掛ける、ボールを奪う走りが無く入れ替え戦とは想えないほど淡々とプレーしているように見えた。

2戦はホームゲームでありアウェーゴール奪った1点をどのように生かすか注目。

京都はチャレンジを忘れずに動き回る事が大事!

| | コメント (0)

有難い事

マリノス監督就任の発表から4日経ちましたが多くの人からお祝いの電話、メールを頂いている。

有難い事であると同時に、期待されているのを十分感じる。

大学の仕事が13日まで入っておりその後、来シーズンに向けての準備で忙しくなりそう。

今はワクワク状態であり、この気持ちをもう少し味わいたい!

| | コメント (1)

横浜F・マリノス

来シーズンからマリノスの監督をやる事になりました。

ジュビロで3回監督をやり、優勝も経験しましたが、まだやり残した事がありいつかチャンスがあればJ1でやってみたいと念っていました。

ビッククラブのマリノスからの誘いを受け大変光栄に思っています。

結果を求められての事でありプレッシャーはありますが周りの人々のサポートを受け“優勝”に向かって戦っていきます。

| | コメント (11)

鹿島おめでとう

9連勝で逆転V。見事な追い込みだった。

チームは優勝のことは考えず目の前の試合に集中し戦った事だろう。

小笠原が復帰し攻撃に起点が出来たこと、前線からの守備の意識も高く、DFは岩政を中心に身体を張った。

もちろんオリべイラ監督の采配も素晴らしかった。

| | コメント (0)

浦和不覚

浦和が最下位の横浜FCに負け鹿島が大逆転V。

勝負に絶対はないし、最後まで分からない。横浜FCが意地を見せた。

浦和はACLを優勝し疲労もピークに達していた。その後勝利が無く天皇杯もJ2愛媛に0-2で負け。

アジア王者の誇り、プライドもあったはずだがどこかに気の緩みがあったかもしれない。

身体を動かすのは心である。

いつも思っているが優勝経験のあるチームがJ1を引っ張っていくとリーグは盛り上がる。

来シーズンは鹿島、浦和、G大阪の3強に横浜も入っていく大きな目標が出来た!

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »