メニュー information blog profileリンク

Footmedia フットメディア
サッカーページに行こう

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

Jリーグいろいろ

“どうした?川崎”

対磐田戦2-3。スコアーは1点差であったが内容は良くなかった。

攻守に運動量が少ない。パスを繋ぐチームは動かないと話にならない。守りでもプレッシャーを掛けられず迫力がない。

力の怪我人もあり固定したメンバーで戦えないのもあるが昨シーズンのアグレッシブさが無い。

“チャンスと感じたら・・・・”

磐田はカウンターから2点取り川崎の追撃をかわし勝負強さを見せた。カウンターに対しチャンスと感じて走った結果のゴールである。

各チームの試合を観てもチャンスと感じないのか?走らない選手が目立つ。

今日の磐田のカウンター攻撃は素晴らしかった。

“もう少し長く・・・”

神戸―広島の両チームは前後半別チームだった。

前半は広島のポゼッションが素晴らしく神戸は防戦一方だった。後半は神戸がボールにプレッシャーを掛け守備の良さが出てリズムを掴み攻撃にもスピード感十分であった。決

勝ゴールは大久保の突破がPKとなった。両チームもう少し長い時間自分たちのリズムでサッカーが出来れば勝ち点が増える!

“強い浦和”

清水相手に1-0であったが特に後半は快勝だった。

なかでもポンテは攻守に亘り中心であり光った。彼をフリーにした清水はボールを奪う事が出来ず攻撃の時間も少なく全くサッカーをしてもらえなかった。

| | コメント (0)

前期最終戦

浜大はラッキーな引き分けで勝ち点1。

運動量で劣り、技術でもミスが多く、メンタル面に於いても相手の方が強かったし全ての面で負け試合だった。3勝3分1敗・・・3位で終了。

9月までの中断期間に課題がいっぱい有り過ぎ!

| | コメント (0)

Jリーグいろいろ

“勝てない清水”

4試合勝利なし。横浜FM相手に一進一退でお互いチャンスはあったが決められなかった。

後半CKから先制し、相手も退場者を出し逃げ切るかと思えた88分パワープレーからOWNGOALで失点し引き分けた。

同点にされてから怪我から戻ったチョ・ジェジンを入れたが無意味であった。リードしている時2点目を取る為に投入すべきである。

先週も書いたが清水のサッカーは何処に行ってしまったのか・・・・?

“消極的な名古屋”

開始6分、CKから先制し前半は守備も良く1-0リードで終えた。

しかし後半になると1点を守り切るつもりなのか?守備の人数を多く掛けたがボールへのプレシャーも無く狭いエリアでもボールを奪う意識が無くG大阪に遊ばれた。

バレーに同点シュートを決められた後は逆転されるのは時間の問題だった。

終わって見れば1-3で完敗だった。

“勝負強い浦和”

FC東京相手に数少ないチャンスをしっかり決めた。

内容は決して褒められるものではなかったが、トップのワシントン、ポンテ、田中達で決定的な仕事が出来るので強い。

この試合内容ではACLを勝ち抜くのは厳しい?!

ポゼッションでゲームが進められた時本当に強い浦和が見られる!

| | コメント (0)

引き分け

浜大は1-1の分け。昨日からの雨と雷が試合前で上がり涼しいコンディションだったが後半から日が射し暑さを感じ運動量が落ちた。

相手のスロースタートに助けられチャンスは多かったが1点しか奪えなかった。

後半は一進一退だった。P/BOX近くでボールを保持しているがヘッドダウンになってしまい、周りを観る事が出来なく、シュートチャンスを潰していた。

自らシュートに行くのか、それともパスを選択しアシストに回るのか・・・・。サッカー自体判断力が重要なスポーツである。

もっと観る習慣が必要であり、一番大事な所でのプレーを改善しないといけない!

| | コメント (0)

清水

エスパルスはFC東京相手に速いパス回しが出来なかった。東京の守備も良かったがそれより清水の守備が甘く東京にゲームを支配された。

フェルナンジーニョはボールを受けているが持ちすぎの感があり周りと合っていない。そして中盤が作れないので縦へのロングパスが多く余計にリズムが出ない。

個性ある中盤の選手がボールに触れる回数が少なく昨シーズンのリズム良く、テンポある、変化に富んだ攻撃が見られない!

| | コメント (0)

新潟が良い

前節の磐田戦に快勝したが9日の神戸戦も3-1の逆転勝利。

攻守の切り替えが速くFWから守備の意識は高く、ボールに対して第1ディフェンダーが素早くプレスを掛けていく。神戸に対して後半はシュート0に押さえた。

この守備がやれていれば期待は十分!

| | コメント (0)

99

名古屋の藤田が川崎戦にPKを決め100点目にリーチ。

藤田が素晴らしいのはMFの選手としてのゴール数である。FWではゴン、カズが150近く取っているがMFで100はなかなか現れないだろう。

100点目は藤田らしい中盤からの飛び出しから決めて欲しい!

| | コメント (0)

モンテネグロ戦 色々

“日本代表”

対モンテネグロ戦は後半20分迄ボールが良く回った。モンテネグロの寄せが甘く、プレッシャーが無いので当然と言えば当然である。

ゲーム運びは、1,2タッチでボールを速く動かし日本の特徴である機敏さ、すばしっこさが出ていた。

中盤からプレスを掛けてくるチーム又はもっと力のあるチームでこのような試合が出来れば本物である。

“高原”

モンテネグロ戦2点目のヘディングシュートはさすがである。ドイツリーグで鍛えられ、習得したものだろう!

厳しいDFのマークの中で一瞬のタイミングでシュートに持っていく力と技は国内組のFWとはチョッと違う。

“起用“

オシム監督の教え子である千葉の山岸、巻、水野の起用も良いがJリーグで結果も出ず下位に低迷しているチームより今勢いのあるチームの選手を見たい。

橋本、藤本が残り3分出場したがチームへの影響は何も無い!ただ代表出場のキャップ数が付いただけ!

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »