メニュー information blog profileリンク

Footmedia フットメディア
サッカーページに行こう

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

自己満足

鹿島が公式戦初白星。CUP戦の対新潟は2-1で何とか勝ったが、テンポの良い本来の鹿島のサッカーではない。攻撃時、積極的に前線に行くには良いが守備のバランスが悪く新潟のカウンターを受けていた。

新外国人のFWダニーロは運動量少なくボールも収まらず。もう一人のマルキーニョスは良く動き頑張っているがボールを持ち過ぎて周りを生かせず。

自己満足の選手がいるとリズムは出ない。

今年こそはブラジル人に期待したいが今の所上昇の気配は無い・・・この白星を機に鹿島が復活してこないとJリーグも面白く無い!

| | コメント (2)

駆け引き

C大阪が4戦目で初白星。若いFW森島、苔口にボールが収まらないので攻撃にタメが出来なく起点に成らず苦労した。

FWにはDFが背後から激しく、プレッシャーを掛けてくる。DFに勝つには運動量、緩急の変化、そして駆け引き等で先手をとるなどしなければならない。一番厳しいポジションであるが一番花がある。

若いオリンピック候補の二人だからもっとトレーニングを積み先輩のプレ-を観て研究し成長して欲しい!

| | コメント (0)

落ち着く

ペルー戦は中村俊輔が一人入っただけでゲームが落ち着いた。キラーパス以外ほとんどミスは無く、守備の意識も高くヨーロッパでの成長を感じた。

他の選手も中村効果で自信を持ってプレーしていた。高原のゴールはワールドクラス。左インサイドで止め身体を反転し右ボレーで決めた。

巻の先制点は得意のヘディングであったが千葉でのプレーは代表には程遠かったがこのゴールで吹っ切れれば良いが・・・。

ペルーは一人一人は技術高く上手かったが日本との力の差はあった。もっと強い国との試合を観たかった。

| | コメント (0)

千葉

CUP戦は神戸に4-1で勝利したが‘05頃の「攻守の切り替えが速く長い距離を走ってのアグレツシブなサッカー」は今は無い。

阿部、坂本は移籍し選手は変わっているが、巻、佐藤、羽生他代表に入った選手に元気さがない。出場していないのではないかと思うくらいボールに触れていないし、TVの画面に出てこない。

全員が良く走り、ボールも動く千葉のサッカーを観たいものだ!

| | コメント (0)

磐田・FC東京

リーグ戦は磐田が辛勝したがCUP戦はドロー。磐田は若手が多く先発したがゴール前で精度を欠き判断ミスも出た。しかし、若いし、FC東京の悪さを差し引いてまあ々の内容であった。

一方東京の守備はひどい。中盤で人はいるがマークは甘く若い磐田の選手に回された。これではいくら最終ラインで頑張っても限度がある。失点も減らない。ワンチョぺはプレーの所々で技術の高さ、身体の強さを出したが物足りない。

今は45分しか動けないコンディションである。

石川、徳永そしてオリンピック候補で期待されている選手も平凡なプレーで終わった。今年のFC東京には上位に順位を予想したが今日の内容では厳しい!

| | コメント (3)

開幕から3試合

連勝のチームと3連敗のチーム・明暗が分かれてきた。

開幕戦は内容より白星が欲しい。結果OKで気持ちよく次ぎの試合に臨めるが連敗すると又勝てないのでは・・・?と不安になる。

スタートダッシュはチームの雰囲気を良くし選手は自信も付く。3試合ですでに監督問題が出ているチームもあるが、チームの戦い方がはっきりしていて選手が迷わずプレーしていれば結果は出てくる。

まだ3試合である!

| | コメント (0)

浦和

新監督になりポゼッションサッカーを目指してるがまだまだである。ポンテの起点からワシントンの決定力を生かし2人でゴールを奪える力がある為ダイレクトプレーが多い。

観ていてあまり楽しいサッカーではないがシンプルな攻撃で得点が取れているので今はこれで良いのではないか・・?

これから除々に人が動きボールも動きパスで崩すサッカーを目指して欲しいが+今のサッカーも継続する事を忘れないで・・・。

| | コメント (0)

甲府

3連敗、得点0・・中盤でのパス回しはテンポ良く上手く、リーグでも上位である。しかしポゼッションで満足していないか・・?シュートが少ない。

P/BOXにボールを入れないとゴールはなかなか奪えない。もっとシンプルにゴールを取る事も大事である。

守備は全員でボールを奪う姿勢は出ているが昨シーズン程のハードワークは無い。

初心に帰りJ1昇格時のひたむきなサッカーを期待したい!

| | コメント (0)

社会へ

14日は浜大の卒業式だった。今年の4年生は全国大会に出場させてあげられず悔しい思いをした。

中心選手として頑張ってくれた3人が式の後、練習場まで挨拶に来てくれた。突然だったのでびっくりしたが嬉しかった。記念写真を撮りお互いの健闘を誓った。

サッカー部で得たものを一つ社会に出て役に立ててくれればうれしい!

| | コメント (0)

2チーム

ACL出場の浦和、川崎は共に引き分け。7日(水)にAwayでインドネシアのチームに3-1で勝利した川崎は帰国し中2日で神戸戦。体力的に厳しい中の試合、勝ち点1取れてOKと考えるべきだろう。

浦和はHomeだったので新潟戦は3欲しかった。これから強いチームと当たり、怪我も予想されるが、J,ACLとハード日程を経験してチーム、個人は成長する。

試練はこれからである!

| | コメント (1)

千葉-清水

前半で勝負が決まった。千葉はゴール前に人数はいるが誰もプレッシャーを掛けるでもなくフリー状態、ゴールを次々と決められた。

16分から4分間で3失点。修正出来ない3分間で開幕2連敗。

アマチュアチーム相手ではない!ゴール前は厳しくマークし、玉際ファイトしないと失点は減らない!!

昨シーズンから千葉のサッカーに陰りが見え始めた・・・。もう一度初心に戻って戦って欲しい!

| | コメント (0)

磐田-大分

開幕0-4で大敗した磐田は、システムを昨シーズンの4:4:2に戻した。カレンのFW、太田の2列目と慣れたポジションでプレーし、ゲームを支配した。

しかし、ペナルティーボックスからフィニッシュへの精度に課題が残った。苦しみながらの勝利だったが、この白星で自信が付けば・・・。

両チーム後半15分で間延び状態であり、運動量の少なさがゲームを大味にしている。90分間アグレッシブなプレーを続けて欲しい。

| | コメント (1)

柏-磐田

磐田は昇格の柏に0-4の完敗。全く良いところがなかったのが心配。

西、太田、成岡の攻撃陣が前線でタメが出来ず、サポートの距離も長くて起点にならなかった。3ボランチの仕事も不明確であった。チーム全体が攻撃的に行くのは良いが、バランスが大事である。

各人の攻守に於いての役割を理解してプレーしないと勝手なプレーになってしまう。一体感がなかった。

このままだとズルズルいってしまう・・・。

| | コメント (1)

開幕戦

J1・2が開幕した。大きな波乱はなかった。力のあるチームが最後は勝負強さを出した。

J初昇格の横浜FCは浦和相手に良く守ったが、85分決勝ゴールを決められた。もう少し高い位置からの守備を期待したが、浦和相手ではやむを得ないか・・・?!苦しいゲームでも勝ち点3を取る、G大阪、浦和はさすがである!

FC東京の4失点はひどかった。守備の基本、危機管理が出来ていなかった。

スタートするとあっと言う間に1legが終わってしまう。修正するチームは早く。スタートダッシュは重要である。

| | コメント (1)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »