メニュー information blog profileリンク

Footmedia フットメディア
サッカーページに行こう

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

ふじ花

久しぶりに浜名湖のふじ花さんへ。手打ちそば、野菜てんぷらは最高!

200701271148000

| | コメント (0)

Jリーグ

ほとんどのチームが3・3の開幕を目指しトレーニングをスタートした。

前期18試合の日程が発表になった。今シーズンはプレミア等の解説でお世話になっているスカパーがNHKに変わり中継する契約をJと交わした。今迄以上に解説の仕事が増えそうであるが、ヨーロッパとの比較や監督の立場になっての解説を心掛けJリーグ中継を魅力ある放送にして行きたい。

| | コメント (0)

福西

磐田の福西がFC東京へ移籍。福西は懐が深く、ボールキープ力もあり技術の高さ、サッカーセンスは光る。代表での活躍はご承知の通りである。

想い出は“99のチャンピオンシップで中山との2トップで起用したこと。身体の柔らかさはチーム1でありフィジカルの強さもあり器用な選手である。FC東京での更なる活躍を期待したい。

私が監督をしている時での主力で残っているのは中山、鈴木秀人、田中誠の3人だけになってしまった。淋しい!移籍するのは出場機会を求めて、又はサッカー感の違いそして家族の問題、クラブへの不信感などである。

いずれにせよ気持ち良くプレー出来る環境が一番。常勝ジュビロを築いた選手は出来れば財産として残して置きたい。残念である。

外から見た感じだが’05からチームは変化した。必要な事ではあるが、段階的でなく、いっきに大きく変化したのが心配だ・・・。

| | コメント (0)

全国大学ラクビー

決勝戦、早稲田―関東学院をTVで観た。国立競技場は満員で毎年、大学ラクビーの人気には驚かされる。社会人トップリーグのヤマハを見たりし、サッカーの参考になるし好きである。

素人だが見ていて関東学院のゴールに向かう姿勢、相手への激しいタックル勝利への執念を感じ、全てに於いて早稲田を圧倒した。早稲田はスマート過ぎる。パスも高めに行き見方のスピードを生かした効果的なパスが無かった。そしてスペースの無い中央突破が目立ち、サッカーと同じく重要な、個人の状況判断が悪くそしてメンタル面でも劣った。

| | コメント (0)

全国大学サッカー

早稲田―駒沢大学の決勝戦を観に国立に行って来た。昨日のラクビーは満員であったが、バックスタンドの1,2層のみ開放し公式発表は10600人。関東2校の決勝戦であったにもかかわらず・・、大学サッカーの関心は低い。

試合は細かいパスを丁寧に繋ぐ早稲田に対し、ボール際厳しく、シンプルにゴールに向かう駒沢。観ていて楽しいのは早稲田であったが、タイトルの掛かったゲームで勝つサッカーをした駒沢が完勝だった。

個人的には駒沢の巻(兄はJEF千葉)の高さが目立った位で低調だった。我が浜大はこのレベルの遥か下であり寂しさを覚え、又やりがいも感じた。

| | コメント (0)

ご褒美

2006年は健康で仕事も無事終わったので自分自身の褒美で旅行に行ってきた。

買い物、食事と楽しく過ごせた。明日から仕事!今年も頑張ろう・・・・!

P1050034_1

P1050065_1

P1050088

P1050090_1

| | コメント (0)

高校選手権

名門校や実績を残してきた地域が技術も高く結果を残せるかと言うとそうでもない。今年の大会を見ると全国どの学校もロングボールを多用するのでなく、大事にボールを繋ぐ意識は高く見ていておもしろい。

ただ、ボールを持てる選手はかなりいるが、サッカーで一番重要な状況判断はまだまだ甘い。自己満足の選手が多い。

ただ上手いだけで終わってしまう事のないように・・・。

200701031511000

| | コメント (0)

お見事

浦和が天皇杯2連覇。Jリーグで初優勝しパレード、イベント他でコンディションが大変な天皇杯で2冠は立派である。

本来はJ優勝で満足し1年間の疲れを早く取りたい選手も多く、休みたい気持ちもありモチベーションをキープするのは難しい。レギュラー3人が居ない中、リーグに余り出ていない選手が結果を出したのが大きい。

2007年は国内そしてACLと厳しい日程の中浦和の真価が問われる!

| | コメント (0)

頌春

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

今年も浜松大学で指導と授業を、週末は海外・Jリーグの解説で一年頑張ります。

もちろんこの公式ブログも継続しますので、是非見てください。

本年もよろしくお願い申し上げます!

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »