メニュー information blog profileリンク

Footmedia フットメディア
サッカーページに行こう

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

チェルシー独走

プレミアリーグは昨シーズンのチャンピオンチェルシーが開幕7連勝(勝点21)で好調。今シーズン100億円かけた補強がいきている。マンUは6試合で勝点11、アーセナルは勝点10。このままではもっと差が出るだろう。特にアーセナルはポゼッションサッカーが出来ていない。以前にも指摘したが、1人がボールを持つ時間が長いため、プレッシャーを受け易く、細かいパスでの中央突破にこだわり過ぎている。クロスボールの攻撃は数えるしかない。アンリの欠場も痛いが、それだけではない!ベンゲル監督の手腕に注目だ!

| | コメント (0)

ゴンが元気!

24日の柏戦、J出場300試合を自ら得たPKできっちり飾った。柏リズムのスタートで始まった前半9分の先取点はチームにとって大きかった。まして中山が決めた事でチームに勢いと集中力が出た。それにしても良く動く、ほとんど止まっていない。動きだしも早く、相手守備も休む暇がない。後半途中交代したが90分動ける体力は十分ある。23日で38才になったが、まだまだ中山は元気!

| | コメント (0)

浜大引き分け

19日で天皇杯が終わり、中4日の東海リーグ戦は疲れが溜まっていたのか・・・気持ちの切替が出来ていないのか・・・運動量は少ない、集中力もない、足の先まで神経がいっていない、緊張感のない、そんな無いづくしのプレーばかりが目立った。1-1の引き分けは痛かった。前半で半数の選手を交代させたかった程、内容も気持ちも見るべきものがなかった。試合で結果を出せなかったのは指導者の責任。次の試合こそ、強い気持ちでピッチに立とう!

| | コメント (0)

U-15

クラブチーム、中体連の学校が参加の静岡県大会の決勝が行われた。エスパルスJr対中学部活。結果は3-1でエスパルスのクラブチームが勝った。両チームとも技術がしっかりしておりパスを繋いで攻撃しているため見ていて楽しい。ボールがイメージした所に正確に止まる事がレベルの高さを感じる。この中から多くの選手が伸び伸びと育って欲しい。これも指導者次第である。

| | コメント (0)

週末

土曜日は忙しい・・・。いよいよ東海リーグの後期が始まる。天皇杯の経験を生かし更なるレベルアップを目指したい!15:30からはJリーグ磐田-柏をSBSで解説。優勝に絡んでいきたい磐田と降格から早く逃れたい柏。どんな試合になるか?夜は、プレミアリーグウェストハム対アーセナル、ロンドンダービーの解説もある。特にウェストハムは1990年留学時代8ヶ月お世話になったチーム、気になるし愛着があるチームだ。詳しくは月曜日に!

| | コメント (0)

リフレッシュ

天皇杯も終わり今日は戸田の天然温泉”彩香の湯”に行ってのんびりした。夏休みもなく忙しかったので、1日だけだったが気分転換になった。明日は、Jスポーツの"Foot!"収録、内容は今週のG大阪-鹿島、首位攻防戦の見所について。機会のある人はぜひ見てください!

| | コメント (0)

天皇杯終わる

1-3で敗れる。前半20分チームの中心であるキャプテンがPKを取られ一発退場、厳しい判定だった。このシーンまで浜大の選手は攻守に於いて良く動きゲームを支配していただけに残念だった。10人になってからも前半は良く耐えカウンターを何度か仕掛けた。後半は疲労が少しづつ増し0-3までなったが、足元にしっかり繋ぎながらチャンスを作った。35分トップからの激しい守備からボールを奪い3人をかわしドリブルシュートを決めた。負け惜しみではなく、“たら、れば”であるが、11対11ならもっと面白い勝負が出来たと思う。選手は頑張った、これは次に生きてくるだろう!次は東海リーグをしっかり戦い、12月の全国大学選手権出場を目指す!

| | コメント (0)

柏-G大阪

柏が今季一番?のゲーム内容で2-1で競り勝った。ラモス新コーチの加入効果が出たのか、90分間集中していた。ラモスはメンタル面の強さを全面に出し戦う選手であったが、今日の柏はまさに心身ともに充実していた。まさにプロらしかった。ラモスのような人間がいないと闘えない柏は寂しいし、昨年の入れ替え戦を経験した事が生かされていない。

プロとしての心構えであるファン、サポーターの為に勝ちたい気持ちを出し、全力で闘う姿勢を出していくチームこそが残留するだろう!

| | コメント (0)

鹿島圧勝

結果は4-0!深井が2得点と身体の切れの良さを感じた。ボランチで起用された小笠原は長短のパスでゲームを作りスルーパスで相手の守備陣を混乱させた。今後は"小笠原次第で鹿島の勝敗が決まる"と言っても過言ではない。

一方神戸は消極的すぎた。守備を固めるのは良いが、ただ自陣に戻っているだけでマークに付かず、プレスもなく、ボールを奪う守備がなかった。もっと激しく、アグレッシブに動いて勝ちたい気持ちを全面に出すことから始めないと、いつまでも降格順位から抜け出せない。

| | コメント (0)

700件超

日曜日のアクセスが739件ありました!!!ありがとうございます。3週間前は100件を越え嬉しかったのに、ただただビックリ・・・。楽しみにしてくれている人がいると思うと力が入ります。次は1000件目指します。毎日とはなかなかいきませんが出来る限り色々の事を載せていきます!

| | コメント (0)

天皇杯

いよいよ1回戦が17日に始まる。我が浜大は県代表に決まり学校は大喜び、そして大盛り上がり。バス2台で応援にきてくれるそうだ。試合は19日の2回戦に登場、相手は大学チャンピオン関大対JFL北陸アローズの勝者と・・。2チームに比べ実力では数段劣る。しかしCUP戦は何が起こるかわからない。終了の笛が鳴るまで浜大サッカーを見せたい。そして絶対に勝って、10/9の3回戦J2湘南に挑む!

| | コメント (1)

アーセナルの調子が・・・?

プレミアリーグはここ7年間マンU(4回優勝)とアーセナル(3回)が1位、2位を独占し2強時代だった。昨シーズンはチェルシーが50年振りに優勝し3強になったが、今シーズンのアーセナルは元気がない。4試合終わり2勝2敗。内容が良くない。ボールポゼッションサッカーだが一人がボールを持つ時間(2秒だが)が長く、動きの量も少ない為ワンタッチパスがない。良い時はボールスピードが上がり、3人目が動いており、ボールを追い越すシーンが多く見られる。このままだと3強入りも厳しくなる。テンポ良い、リズミカルなアーセナルサッカーを早く取り戻して欲しい!

| | コメント (1)

浜大、リーグ再開

天皇杯で中断していた東海リーグが再開された。2-0で勝ったが12時キックオフで残暑厳しく内容は良くなかった。後半早々退場者出し厳しかった。10人で追加点を取れたのは評価できるが・・・・。 天皇杯の県代表になり、強くなった、上手くなったと勘違いはしてないか!?動かない足先だけのプレーが多く、球際は負けていたしパスも雑だった。下手であることを自覚し、全力で戦う、手を抜かずプレーすることがベース!動き勝つ、競り合いに勝つ、気持ちで勝たないと技術も始まらないし、向上はない!来週からやり直し!

| | コメント (0)

2-0で磐田完勝!

カレン、船谷、太田の若手が結果を出した。名波を目指している船谷はパスのセンスで2点目をアシスト。コース、タイミング、スピード申し分なかった。守備ではまだまだ名波の域に達していない。もっと予測、狙いを持つことが必要。攻守に於いて名波を目指せ!

大宮は後半やっと動き出した。前半は「ボールを奪いに行かない」「ゴールへ向かわない。」これではサポーターもストレスが溜まる。もっとアグレッシブに行かないと観ていてもつまらない。攻撃的な大宮サッカーを見せて欲しい。

| | コメント (0)

剣道

たまにはサッカー以外の事を。9月4日、全日本女子剣道選手権大会が静岡で開催され、全国から勝ち上がってきた64名が参加した。我が浜大1年生の恩田望さんが3位に入った。道場で毎日激しい稽古をしている剣道部。全国で3位は素晴らしい。集中力、闘いの心構etc話しを聞きたいものだ。本当におめでとうございます!

サッカー部も全国大会優勝が目標であり、個人のレベルアップをはかり目指していきたい。

| | コメント (0)

日本対ホンジュラス

4失点の日本はチームとしての守備戦術が統一されていなかった。オフサイドトラップかけるのか?宮本がボランチの位置に引っ張り出された時の最終ラインのポジショニングは?又守備で一番重要な危機管理が薄かった。5、6点入れられてもおかしくなかった。サッカーは個人の判断力が大事であるが、それ以前にチームとしての戦い方が選手にしっかり伝わり理解されているいる事がベースになければならない。日本にはこのベースが見えない。点が取れない日本が5点取ったが守備は崩壊。9つのゴール。喜んだのは生で見たサッカーファンだけ!

| | コメント (0)

大分対磐田

2-1で磐田の勝利。後半89分FKから決勝点をあげる。後半からテレビのスウィッチを入れた人は目を疑ったであろう!?今まで圧倒的に押し込んでいたのは磐田、ボールと相手の尻を追いかけているのは相手チームであったはずなのに。それが逆になっていた。パス回し、連動しての動きでボールボゼッションをしチャンスを何回も作ったのは大分だった。サッカーの原点、走る事!惜しみなく動く磐田が戻った時復活である?!

| | コメント (0)

浜大のセレクション

2006年度新入部員希望者のセレクションが行われた。東北から九州鹿児島まで40名が参加した。移動と暑さの厳しい中精一杯自分をアピールしていた。参加者全員に共通して言える事はファーストタッチが雑である為、次のプレーにスムーズに入っていけない事。もっと大事に優しくボールを扱って欲しい。

多くの高校生に参加してもらい感謝。これからも練習参加は受け入れる予定、何人来るか楽しみ!

| | コメント (0)

休み明け

天皇杯県予選が終わり3日間の休み。実家に帰った学生が多く短い夏休みだった。休み明けの昨日、そして今日は有酸素、サーキットのトレーニング。学生は2日休むと身体はフィットせず集中力も続かない。まして3日では水から上がった魚のように動けず全身を使って息をしている。今週は身体をいじめ10日からの再開されるリーグ戦と19日の天皇杯に向け準備していく。

| | コメント (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »