メニュー information blog profileリンク

Footmedia フットメディア
サッカーページに行こう

最新記事

2019. 11. 15

日本代表

W-CUP2次予選は4連勝で首位。別に驚くことではないし当たり前。3月から又4試合が行われるが問題なし。

本当の戦いはこの後。メディアは結果を大きく取り上げているが内容が悪ければ厳しいコメントも欲しい。

本大会で結果を出すために世界基準で観て試合内容を取り上げて欲しいものだ!

2019. 09. 05

監督交代したが・・・・・?

磐田今季3人目の監督でありスペイン人に任せたが2連敗。厳しい最下位が続く。監督が交代する時外国人から

日本人に変わるケースは多いが逆くは珍しい。一番重要であるコミュニケーションが通訳を介さないと即取れない。

又選手の性格も大事である。選手のモチベーションを如何に高めるかがカギである。

その為にも日本人がベターである。補強もしかり今回の磐田は全てにおいて後手後手である。

 

 

 

2019. 08. 20

磐田と鹿島の差

1996年から7,8年2強と言われた両チーム。ここ数年下位に停迷する磐田。

一方鹿島は新旧を繰り返しながら常に優勝に絡んでいる。今シーズンも伝統の勝負強さで首位に4差にきた。

海外に移籍していく選手が多いが次から次へと新人が結果を出していく。

他チームとはスカウトの目利きが違う。スカウト一筋のベテランがチームを支えていると言っても過言ではない。

磐田も常勝時代はスカウト陣が素晴らしかった。数年先を考えてのスカウトは大事である!

2019. 08. 20

ジュビロ磐田・監督

鈴木監督が退任。1勝4敗、1か月半の指揮。退任ではなく実質は解任である。監督だけの責任ではない。

選手も含め現場に直結しているフロントの責任の方が大きい。今期は二人目の監督であり十分考え議論したはずである。

2か月も我慢できない。鈴木監督と心中する覚悟はなかったのか?スペイン人の監督に決まったが監督云々ではなく

残り11試合、各チーム力の差はない。選手の意地、闘争心、必死さが90分間続けば残留出来る。

再度日の当たらないJ2で戦うのか?!

2019. 07. 26

サッカー談義

昨夜はサッカー仲間4人で赤羽の肉屋でサッカー談義。7時に始まり10時まで。今の子供たちの指導からJリーグ

サッカーの話ならなんでも有り。皆さんサッカーが好きなんですね。久し振りに語った。楽しい時間であり

あっという間に時間が過ぎた。次は忘年会かな?!追:店で飲んだ「日本酒・作」は美味しかった。